是非活用したいお弁当の宅配に密着!

高齢化社会に伴う単身者の現状とは

若年齢層による一人暮らし現場

実家から離れた大学に入った場合、社会人になって職場が遠い場合、地方への転勤、上京、自立のため…若年の方の一人暮らしを始める理由は様々です。
しかしながら、後ろ向きな考えで一人暮らしを始めることが無いのが特徴です。
実家で家族と生活していた時は、ある程度の制約(門限など)があり、食事や洗濯、掃除を任せられる反面、親や兄弟などから干渉されることもあるため、早く家を出たい!と思う方も多いようです。
しかし、実際に一人暮らしをしてみたら、自由な反面、家賃や光熱費の支払い、一人暮らしをして初めて親の偉大さに気付いた…なんて方もいます。
それだけ、一人暮らしは、今までの生活とは一変するのでしょう。
特に、食事においては、買い物から自炊、食器洗いまで全て自分で行なうため、黙ってても食事が出てくる環境とはギャップを感じるようです。
若年の一人暮らしは、金銭的にも厳しいことが多いため、お金のやりくりも重要になります。

高齢者による一人暮らし現場

若年の一人暮らしと大きく異なることは、一人暮らしをすることになった理由です。
基本的に前向きな理由だった若年とは違い、高齢者の一人暮らしは、同居する家族がいない、離婚、死別など、全体的に後ろ向きな理由が多く、一人暮らしの選択肢しかなかったという現状もあります。
しかし、現在、多くの一人暮らし高齢者が存在します。
子ども家族との同居が減っているのも、迷惑をかけたくないなどの理由によることが多く、風潮や環境にもよりますが、他人の気持ちを尊重するがゆえに、このような現状になっているのかもしれません。
ただ、一人暮らしの親を持つ子が、親のことが心配でない訳もなく、同居はできなくても、近くに住んだり、万一の時はすぐ行ける距離に住むことも多いようです。
高齢の場合は特に、ちゃんと食事はしているか、家の中で倒れたりしていないかなどの安否が気になるため、各地方自治体でも色々なサービスを提供しています。